• ホームページ制作はワンストップで制作・対応できる企業に依頼すべき理由

    自社のホームページ制作を依頼しようと思って、いろいろな企業をリサーチしていると、「ワンストップ対応」「ワンストップで制作可能」などのアピール文を見かけることがありますよね。
    しかし、なんとなく良いことだとは認識していても、ワンストップ対応ができる企業に発注することのメリット・デメリットをしっかりと把握している発注者は、少ないのではないでしょうか。

    そこで今回は、ホームページ制作におけるワンストップ対応の意味とメリット・デメリットを解説していきます。
    ワンストップ対応ならではの強みを知ることで、納得してホームページ制作を依頼することができます。
    ホームページを発注する前に、ぜひ参考にしてみてください。

    ホームページ制作における「ワンストップ対応」とは

    ワンストップ対応とは、1つの窓口でホームページの企画から実装までを受注することをいいます。
    どこからどこまでの過程をワンストップとするかは制作会社により幅があるので、確認が必要です。
    サイト制作以外の記事作成や、広告運用のコンサルティングまでを一括りとしていることもあります。

    ※必ずしも対応範囲が広ければ良いというものではありません。依頼側が必要としている範囲のワンストップ対応ができているかどうかが見極めのポイントです。

    反対に、ワンストップ対応と書かれていないホームページ制作会社は、「コーディングだけ」「Googleで上位表示されるための対策」など対応にバラつきがあり、他の業者に依頼して内容を補填しなければいけない可能性があります。

    そのため、ホームページ制作の発注は、基本的にはワンストップ対応できる企業に依頼するのが望ましいと言えます。

    ワンストップ対応ができる制作会社に依頼すべき理由とメリット・デメリット

    どのような点でワンストップ対応が魅力的なのか、注意すべき点は何かを具体的に見ていきましょう。
    メリット・デメリットを把握すると、ワンストップ対応ができる制作会社に依頼する理由を明確にすることができます。
    社内の会議や上司との面談などで制作会社を最終決定する際にも、資料作成の参考になるでしょう。

    ワンストップ対応の制作会社に依頼するメリット

    ワンストップ対応のメリットとして、以下のポイントが挙げられます。

    • 発注や情報連携の効率が良い
    • デザインを統一化しやすい
    • 後々のリニューアルの依頼もしやすい

    1つめは、発注の手間が最小限で済み、情報連携の効率が良いということ。
    ホームページ制作の企画・戦略~実装のそれぞれのステップを、いくら複数の安い企業に発注しても、一から自社のコンセプトやサイトの方向性を説明するのはコミュニケーションコストがかかってしまいます。
    また、発注書や請求書もその都度発行する手間がかかりますよね。
    それに対し、ワンストップ対応の制作会社なら1つの窓口で依頼が簡単に完了します。
    情報連携が行き届いた制作会社は、発注元の事業をよく理解した上で、効果的なアプローチ方法でトータルサポートができます。

    2つめは、サイトデザインや世界観を統一しやすいということ。
    窓口が1つにまとまっているワンストップの制作会社は、発注側の意図や世界観を理解しやすく、まとまりのあるサイトを完成させられます。
    また、納品前の修正も指示が出しやすく、サイト全体を俯瞰してデザインのバランスをとることも簡単です。

    3つめは、数年後のリニューアルの依頼もしやすくなるということ。
    サイト制作の段階ではなかなか先のことはイメージしづらいかもしれませんが、時代の流れ・顧客の好みの変化・IT技術の発達などにより、サイトリニューアルをする時期が訪れることもあります。
    そのような際に、いくつもの企業に依頼して作った継ぎはぎ型のサイトは、現状を把握したり修正を加えたりする難易度が高くなります。
    最初からワンストップ対応できる企業に依頼することは、先を見据えた賢い選択につながります。
    また、現在サイトをリニューアルしたいと考えている場合は、この機会にワンストップ対応できる企業に切り替えると良いでしょう。

    ワンストップ対応の制作会社に依頼するデメリット

    ワンストップ対応のデメリットとしては、以下のポイントが挙げられます。

    • 制作会社に幅広い知識が必要
    • 自社の業界との相性が重要

    1つめは、幅広い知識を持つ制作会社を見極める必要があるということ。
    ワンストップ対応の企業は、マーケティングからサイト構築・コーディングまでさまざまな専門知識を蓄えているべきです。
    しかし、「ワンストップ対応できる」と謳っていながら、ステップによって対応にばらつきがあったり、あまり詳しくない分野があったりする企業もあるので要注意。
    サイト制作会社のホームページから対応範囲やスキルを確認しておきましょう

    サイト制作会社・contaが持つスキルをチェックする
    例えば、contaの場合は、企画・デザイン・実装・公開までを社内で完結できます。
    動画やアクションを活用して、サイトを訪れるユーザーを楽しませる仕掛けを作ることもでき、効果的な訴求方法の提案が可能です。
    最初の問い合わせから最終的な納品までの流れが明確で、安心して発注いただけます。

    2つめは、自社の業界との相性を判断する必要があるということ。
    ワンストップで発注する場合は、サイト制作会社の強みと業界知識が自社とマッチしていることが大切です。
    特に、食品・医薬品の分野のサイト制作を依頼する場合は、サイト制作会社のホームページから実績を確認しておくと安心です。また、問い合わせ時に「今まで業界のサイトを取り扱ったことがあるか」を質問し、不安な点を解消しておきましょう。

    サイト制作会社・contaが手がけた実績をチェックする
    contaは、歯科医院・幼稚園・学習塾・花屋・ホテルなど非常に幅広い業界のホームページ制作の実績があります。
    多種多様な要望に応えてきたため、柔軟なサイト制作ができます。
    また、ホームページの目的を伺い、ユーザーがサイトに訪れたときに信頼と安心感を持てるようなデザインを提案します。

    まとめ:ホームページ制作はワンストップで制作できる企業を選ぼう

    ホームページ制作におけるワンストップ対応の意味と、ワンストップ対応の企業に発注するメリット・デメリットを紹介してきました。

    1つの企業にサイトの企画から公開までをまとめて依頼することは、発注や運営の大幅な効率化につながります。
    また、対応範囲が広くスキルの高い制作会社なら、統一感のある良質なサイトを作れます。

    まずは、制作会社のホームページを確認し、これまでの実績や対応スキルをチェックしてみてください。
    contaでは気軽に相談を受けつけています
    イメージしているだけでは見えてこなかったサイトの理想形も、制作のプロに打ち明けると言語化し実現できることがあります。
    ぜひ、まずはワンストップ対応ができる制作会社に連絡をしてみて、具体的な発注の流れやスキルを確認してみてくださいね。

    Web制作の依頼をご検討の方はこちらへ