• ホームページ制作依頼のその前に! 工程とコストについて知っていますか?

    こんにちは、水嶋英美里です!
    「うちの企業のホームページ、作ってくれないかなあ。いい制作会社いないかな」なんてお考えの皆さん、ご依頼される前にそもそも皆さんはホームページが完成するまで、どのようなプロセスや手間があるかご存知でしょうか?

    ホームページの制作はデジタルな仕事故に、そのプロセスや手間や、コストの理由がわかりにくいことがあります。今回はホームページ制作会社が提示する価格の理由と、コストの事情がどうなっているのかについてご説明したいと思います!

    多くの手間や人件費がかかっているってホント?

    お金のやり取りをするサービスの多くは、だいたい目に見えるものですよね。例えば、あなたがコンビニに行けば店内は明るく、たくさんの商品が並び、店員も複数いて、レジ前のチキンを温める機械もいつもぬくぬく。商品の仕入れに設備費に人件費――このコンビニにたくさんのコストがかかっていることが明らかです。

    しかし不思議なことに、ホームページ制作という「目に見えない」お仕事だと、とたんにコストへの意識がにぶくなってしまう方が多いのです。

    実際、制作会社に対して「どうしてこんなに見積もりが高いの? もっと安くして!」「ここに載せる写真も文章もお任せするから、チャッチャッとやっちゃってよ!……え、追加料金取るの?!」「もうお金は払っているのだから、この程度の修正くらい無料でやってよ!」などと、あたかも「この程度なら簡単に出来るはずだ」という認識の方もいるようです。

    確かに、ホームページの制作のお仕事は、コンビニの商品や店員ほど目に見えず、はっきりと内容が伝わってくるものではありません。しかし、実際は多くの手間と人件費がかかっていることを忘れないでほしいのです!

    完成するまでのプロセスと、作業工程について

    ホームページはご依頼者(クライアント)と制作会社との間で綿密な打ち合わせを前提とし、数多くのプロセスを踏んでようやく完成します。ごく簡単に書くと以下のような流れとなります。

    1. どのようなホームページを希望されているのかご要望を伺います。(目的・コンセプト・見せ方・サービス形態・スマホ対応・CMSなどなど)
    2. ご要望に沿ってワイヤーと呼ばれるページの設計図を2パターン制作します。
    3. クライアント承認
    4. 確定したワイヤーにクライアントからいただいた原稿や画像などを配置しPCトップページのデザインを2パターン制作します。
    5. クライアント承認
    6. PCトップページデザインが確定したら、下層ページ、スマホページなどを順に制作します。
    7. クライアント承認
    8. 全てデザインが完成したら、コーディング(文字をウェブ用で見える形にして見栄えを整える)作業を開始します。(システム制作も同時進行)
    9. クライアント承認
    10. コーディング完成後、クライアントのサーバーにアップロードして各ブラウザに対応できているか動作確認を行います。
    11. クライアント承認
    12. 公開となります。

    このように、クライアント承認が幾度となく繰り返されますが、これは手戻りを少なくするためなのです。もし承認を得ず、かなり出来上がってから「やっぱりここをこうしてほしい」という要望が発生したら、かなり無駄な時間を費やしたことになります。

    特に、確認をしたはずなのに見落とした箇所があったとしても「もうお金は払っているから無償でお願い!」なんて言われたらとても困るわけです。コンビニのアルバイトに「何日か無償でシフトに入ってよ。先月のお給料は払ったでしょ?」と言っているのと同じようなもの。

    そんな事態にならないためにも、このプロセスのように承認作業に時間を割くことが必要であり、結果として作業時間が増えてしまうことを知っておいてほしいのです。また納品後の修正でも同じことが言えます。修正料を請求するのは、制作会社側からすれば至極まっとうな主張なのです。

    ホームページはオーダーメイド作品なのですから

    ホームページ制作にかかるコストは「高額だ!」と感じる方もいらっしゃることでしょう。

    なるほど、見た目にそれらしいものを作れば良いだけならば、さして構築の手間はかかりません。別の記事でも書いたとおり、格安でホームページ制作を請け負う業者がいることも真実です。

    しかし、ホームページ制作とは本来、世界にたったひとつのオーダーメイド作品なのです。

    どんなに素敵なスーツ(ホームページ)であっても、赤の他人のものをそのままなら、あなたの身体(企業)にはフィットするはずがありませんよね? 似合うかどうかもアヤシイ。

    依頼者の身体を採寸し、素材やデザインの好みに合わせて唯一無二の品を創り上げる――手間がかかるのも当然だと思いませんか?

    まとめ

    ホームページ制作にかかる費用は安ければ安いほどいいというわけではなく、それぞれの制作目的に適した形にするために、必要なものだというがお分かりいただけたかと思います。

    もちろん、あなたが見積りで疑問に思ったことがあれば「これは何にかかるコストですか?」ということを制作会社に尋ねることは絶対に必要ですし、オススメします。

    ただ、その際に「こんなに高額だなんて……想定外だわ!!」と頭によぎったとしても“なぜその価格になるのか”という理由を、きちっと丁寧に回答してもらえる制作会社こそが、あなたにとってベストな依頼先かもしれません。

    素晴らしい成果が得られるホームページを目指してください!!
    きっといい制作会社に出会えると思いますよ。