• 店舗なら必ずやっておきたい。Google mapの対策(MEO)をわかりやすく解説

    目的地の場所を探すのに「Googleマップ」を利用したことがある方は多いと思います。

    単に目的の場所を示すだけでなく、具体的な店舗名を入れなくても「近くのコンビニ」と検索すれば地図上に指し示してくれるのでとても便利です。

    Googleマップはスマホを持ち歩くのが当たり前になっている現在、店舗ビジネスを展開する上で欠かせません。

    Googleマップで自店舗を上位表示させるにはどうしたらよいのでしょうか。
    この記事では、Googleマップに上位表示させる対策(MEO)について、できるだけわかりやすく解説します。ぜひご一読ください。

    店舗集客に必須!Google map対策のメリット4つ

    喫茶店
    Googleマップで表示される店舗情報の項目は、次のとおりです。

    • 所在地の地図
    • 店舗名
    • 店舗の外観などの写真
    • 住所
    • 営業時間
    • 店舗のレビュー(口コミ)
    • 公式ウェブサイト
    • ルート情報

    というような、かなり詳細な情報です。
    Googleマップで上位表示されれば、これらがひと目で分かる場所にまとめて表示されるため、集客効果は絶大であると言えます。

    通常の、Google検索結果で上位表示させる施策をSEOといいます。

    検索結果の上位表示を狙う施策としては、SEOのほうが一般的です。

    しかし実店舗にとっては、MEOはSEOに対応したホームページを作成したりコンテンツを作成して集客を狙うよりも、効果があると言われています。

    このようにGoogleマップ上で上位表示させるための施策を、MEO(Map Engine Optimization)といいます。

    MEOで検索結果を改善させるメリット4つ

    MEOでGoogleマップの検索順位を改善させる、店舗のメリットを考えます。

    • Googleマップでの利用が増えているので売上に反映しやすい
    • マップの情報は通常の検索結果よりも上に表示される
    • 口コミでユーザーの声を聞くことができる
    • MEOを行っている企業がまだ少ない

    外出先で近くのお店を探したいスマホユーザーは、Googleマップを使って検索しています。
    筆者の娘は中1でスマホを持って半年ですが、Googleマップを使ってお店を探したことが何度もあるようです。

    またマップ情報は、Googleの通常の検索結果よりも上に表示されます。

    GoogleMap

    新宿駅付近の喫煙ができる喫茶店を検索すると、マップ情報が通常の検索結果よりも上に表示されるのです。

    昨今スマホ人口の増加に伴ってGoogleマップの利用も増えていて、Googleマップで上位表示させることは集客につながります。

    登録されている店舗情報には、ユーザーが口コミを書くことができるので、ユーザーの生の声を聞くことができます。

    Googleマップの口コミ

    さらにMEOという言葉は、通常の検索結果で上位表示を狙うSEOに比べるとそれほど浸透していません。

    今のうちにMEOでGoogleマップの上位表示を狙うことで、ユーザーのお店の認知度も高くなります。

    MEOでGoogle mapに自店舗を上位表示させる具体的な施策

    店の経営者
    MEOで上位表示を狙うことは、検索結果からルート案内で来店してくれる「今すぐ客」を取り込んですぐに売上につながる可能性が高くなります。

    ではGoogleマップに自店舗を上位表示させるには、どのようにすればよいのか解説します。

    MEOで改善される検索結果のしくみ

    Googleマップで表示される検索結果は、次の要素で決定されています。

    • 検索ワードと実店舗の関係性
    • 検索ユーザーと対象地までの距離
    • 知名度

    となっています。

    「新宿駅 喫茶店」という検索ワードなら、新宿駅から近い喫茶店が表示されます。これが関係性です。

    「この近くの喫茶店」という検索ワードなら、ユーザーが現在立っている位置から距離が近い喫茶店が表示されます。

    さらにレビュー件数が多いなど、店舗の知名度があると判定された場合も上位に表示されやすくなります。

    まずはGoogleマイビジネスに登録しよう

    Googleマップ上に自店舗の情報を表示させるには、まずは「Googleマイビジネス」に登録しましょう。

    Googleマイビジネスとは店舗情報を登録しておくことで、Google検索やGoogleマップなどの検索結果に情報を表示できます。

    登録は無料です。

    Googleマイビジネスは、実店舗を構えて営業しているユーザーに特に適しています。

    Google マイビジネスは、特定の営業時間内に顧客と顔を合わせてサービスを提供するタイプのあらゆるビジネスに適しています。
    一方、オンライン ビジネスや不動産の賃貸または販売に特化したビジネスは、対象になりません。

    (引用元:Googleマイビジネスヘルプ

    オーナー登録が完了すれば、Googleマイビジネスで簡単に店舗の情報を更新することができるようになります。

    オーナーによって登録された情報は、Googleに「非常に信頼性の高いもの」として認知されます。

    Googleマイビジネスで店舗のあらゆる情報(住所や営業時間、電話番号、定休日、建物の外観など)を正しく入力することで、上位表示しやすくなり、集客効果が発揮できるのです。

    Googleマイビジネスへの登録はこちらからできます。

    Googleのアカウントが必要になりますので、所持してない方は先に取得しましょう。

    MEOでGoogleマップに上位表示させるには

    Googleマイビジネスに店舗情報の登録が終わったら、次のことを確認しましょう。

    1. 登録するお店の情報は統一する
    2. オーナー情報の登録を完了する
    3. 口コミに返信するなど、管理を徹底する
    4. 写真を追加する
    5. お店の最新の情報をこまめに更新する

    順に解説します。

    例えば「喫茶室ルノアール」と「ルノアール」は、どちらか一方しか登録できません。不要な情報を載せるとMEOで不利になります。

    また住所の表記や、ビジネスのカテゴリも統一して正確に登録しましょう。

    オーナー情報の登録は非常に大事です。Googleのサービス上の情報を正確に保持して、別人が代表者になりすますことも防げます。

    現在オーナー登録は、郵送のみの受付のようです。次の2通りあります。

    • Googleマイビジネス登録後、「郵送」を選択→「ハガキ送付」
    • Googleマイビジネスにログイン→「今すぐオーナー確認」を選択→「郵送」→「ハガキ送付」

    ハガキが届いたら、「オーナー確認を行う」からハガキに記載された確認コードを記入して完了です。

    口コミも知名度や評価の面で、順位に関係します。
    ユーザーの口コミに返信しつつ、悪質なレビューは削除するなど管理を徹底しましょう。

    また写真も重要です。ユーザーから見て、写真が1枚もない店舗は来店するのに不安に感じるでしょう。
    外観やメニューなどの写真を追加することで、順位の向上だけでなくクリック率の向上にもなります。

    最後に店舗の情報は、常に最新の情報に更新しておきましょう。新しい情報に入力することで上位に表示されやすくなります。

    まとめ:Google mapの対策(MEO)はすぐに店舗の集客効果につながります

    スマホで道案内

    「地域+サービス」で検索すると、その付近の店舗情報がGoogleマップ上に示されます。

    Googleマップの検索結果は通常の検索結果よりも上部に表示されます。この順位を上げることは店舗の集客効果に即つながります。

    Googleマップに店舗の情報を表示させるには、Googleマイビジネスに登録して、オーナー確認を完了させましょう。

    店舗の情報を正確に記入し、口コミに返信したり写真を追加することで順位を上げることができます。

    また、常に最新の店舗の情報に更新しておくことを忘れないようにしましょう。

    Googleマップから店舗の公式ホームページに飛ぶことも簡単にできます。ホームページをお持ちでなければ制作会社と相談して、この機会に作成してみましょう。

    web制作の依頼を検討中の方はこちら
    無料相談・見積り受付中