• 中小企業が自社のPR動画を作るべき理由とメリット

    最近は、動画配信サイトでPR動画を流す企業が大企業から自治体、町のクリニックまで非常に増えました。
    代表的な動画サイト「YouTube」では、広告をつけられる動画の長さが10分から8分に短縮され、今後ますますPR動画を流す企業は増えていくものと思われます。
    なぜこんなにもPR動画を作る企業が増えているのか、この記事では、

    • PR動画が注目されている理由
    • 企業がPR動画を作るメリット
    • PR動画の効果を最大限利用するための方法

    について、解説します。
    今注目されているPR動画のメリットが詳しくわかりますので、ぜひご一読ください。

    なぜPR動画を作る企業が増えているのか


    ネット上の動画配信サービスは、ここ数年非常に増えています。一例をご紹介します。

    • 動画投稿サイト
      →YouTube
      →Mildom(ミルダム。ゲーム実況が中心で個人でもスマホから簡単に配信できる)
      →TikTok(15秒の短い動画をスマホからつぶやき感覚で投稿できる) など
    • 映画やドラマなどの配信サイト
      →Netflix
      →AbemaTV
      →U-NEXT
      →Hulu

    など、他にも広く知られた動画配信サービスはたくさんあります。

    スマホの普及により、4Gや5G、公共無線wi-fiなど、外出先でも動画を快適に見られる環境が整ってきました。
    動画を見るのもパソコンに比べ、圧倒的にスマホで見る人が多いというデータもあります。

    映画やドラマだけでなく、音楽を楽しんだり、料理のレシピを確認するのも動画サイトを利用する人が多くなり、今や動画サイトは生活に欠かせないものになりました。
    これだけ多くの人が利用する動画サイトでPR動画を流すのは、絶大な効果があると言えます。

    企業がPR動画を作るメリット3つ|PR動画がもたらす効果とは


    これまでも企業がPRをする方法は、チラシを配ったりダイレクトメールを配ったり、様々な方法がありました。
    PR動画は、これまでの広告の方法と比べてどのようなメリットがあるのか解説します。

    • Web記事に比べ記憶が残りやすい
    • 一度にたくさんの情報を伝えることができる
    • 動画を見たあとの反響がより大きい

    という違いがあります。

    動画コンテンツは、文字が並ぶ記事を読んだときと比べて2倍記憶に残りやすいという研究結果があります。

    画像引用元:動画は「記事コンテンツの2倍」記憶に残る――忘れられない企画の「3つの要素」

    映像と音で入ってきた情報は、文字のみと比べて印象が残りやすいです。
    場面を想像するしかなかった文字のみの小説が映画化され、単行本1冊分があっという間に過ぎてしまった、と感じたことがある方も多いでしょう。
    たった1分間の動画でも、伝えられる情報は180万語あるそうです。これはWebページ3,600ページ分になります。

    このように記憶に残りやすい形で伝えられた多くの情報は、見た人の反応にもつながります。
    動画で伝えられた商品やサービスは、動画以外に比べてさらに理解度が上がり、結果購買につながりやすいということです。

    企業のPR動画は内容が魅力的であれば、たとえ小さな無名の企業でも認知度を上げることができます。
    その効果は、文字のみのコンテンツに比べて遥かに大きいです。

    企業が作る自社のPR動画のコンテンツはどうするか


    より効果的に多くの情報を伝えるため、企業のPR動画はどのように作るのが良いか考えます。

    まずはPR動画の目的を明確化する

    PR動画を作り始める前に、まず誰に何を伝えたいのか、明確化させておきましょう。
    なんとなく、企業のイメージを映像化しようとしても、ターゲットがはっきりしないと誰の心にも届きません。
    動画を見ようとしている人が、どんな問題を抱えていて、それを解決するためにどんなことができるのか、視聴者がはっきりわかるものにしましょう。

    PR動画に興味を持ってもらい、最後まで見てもらうために

    動画の目的が決まったら、興味を引くための内容を考えましょう。
    動画は冒頭が重要です。最初の1分間で興味を持ってもらわなければ、視聴者はすぐ動画を閉じてしまいます。
    例を上げると、

    • 視聴者の抱える問題を解決できる、興味を引きつけるもの
    • 伝えたいことがわかりやすいもの
    • 展開にストーリー性があり、続きが気になると思わせるもの
    • 他とは違う、差別化されたもの
    • 信頼できる制作会社に依頼する

    などの内容だと、視聴者を最後まで飽きさせない動画になります。
    慣れない方が1から動画を作るのは難しいので、細かく相談できる制作会社に依頼するのもおすすめです。

    PR動画の内容の一例

    では、どのような内容にすればよいか、具体的な例を上げてみます。

    1. 企業の商品やサービスを紹介する
    2. 商品やサービスを使ったビフォーとアフターを紹介する
    3. 商品やサービスの使い方を説明する
    4. 商品やサービスを使ったお客様の声を紹介する
    5. 会社のスタッフや施設の紹介をする

    どんな企業でも、視聴者が知りたいのはスタッフの顔や施設ではなく、まず提供されている商品やサービスの内容です。
    自社の中心となっている、商品やサービスを知ってもらいましょう。

    そして、その商品やサービスを使うことによって生活がどう変わるか、説明しましょう。
    文字のみで「変わることができます!」と説明されるより、画像や動画で変わった様子がわかるほうが説得力があります。

    次に、その商品やサービスの使い方を紹介します。
    紙の説明書より、動画で説明されたほうが断然わかりやすいです。ここで、動画で紹介するメリットを最大限利用しましょう。

    さらに、生のお客様の声を視聴者に届けることができるのも、動画の良いところです。
    わざわざお客様に出演して頂かなくても、お手紙やメールなど、そのままの文面を紹介することで十分「お客様の声」として伝わります。

    ここまで動画を見た視聴者は、紹介された商品やサービスに興味を持つと同時に、それを提供している企業とはどんな会社なんだろうと興味を持つようになります。
    最後に、自社のスタッフや施設の紹介を入れておきましょう。視聴者は企業に親近感を持つようになり、ますます商品や動画そのものの関心を高めることができます。

    まとめ:PR動画はより多くの情報を伝え記憶に残りやすい


    動画コンテンツは、今や素早くたくさんの情報を手に入れられるものとして生活に欠かせなくなっています。
    発信された動画を視聴するだけでなく、スマホ1つで簡単に動画を投稿できる場所も増えてきて、動画制作は以前と比べて身近なものになってきました。

    動画は文字だけのコンテンツに比べて、記憶に2倍残りやすいです。また短い動画でも情報量は文字に比べて、はるかに膨大なものになります。
    その結果、自社のPRをする上で、文字だけの紹介よりも理解しやすいので、視聴者の購買意欲にも直結していきます。
    企業のPR動画を作ることで、たとえ無名の会社でも認知度を上げることが可能になるのです。

    企業のPR動画をまず目に止めて、そして最後まで見てもらうために、動画の目的をはっきりさせてから作り始めましょう。
    誰に、何をPRしたいのか、ゴールを決めてターゲット層を絞ることで、動画を見たいと思った人が求めている内容になります。
    動画を見ようと思う視聴者が、どんな課題を抱えているか考え、それを解決させる商品やサービスの紹介は、視聴者の興味を引くことができます。
    興味を引きつける内容にできれば、他社との差別化も図ることができます。
    動画制作において信頼できる、制作会社に依頼するのも良いです。

    ぜひ、企業PR動画の制作をご検討ください。

    Web制作の依頼をご検討の方はこちらへ