• ホームページを作りたい!制作会社に依頼する前に決めるべき4つのこと。

    こんにちは 木下ちえです。
    自分のお店を持ちたい!新しい会社を設立したい!やりたいイベントがあるので告知したい!そんな時は、まず最初にホームページを公開したいと考えるのが今の時代には必須ですよね。

    多くの人に広く知ってもらうためも、いまやホームページは不可欠なツールですが、では初めてホームページを作ろうと思った時、手始めに何を制作会社に伝えなければいけないのかというテーマで必要なことをまとめてみました!!

    ホームページは自分でも作れるの?

    ホームページは自分で作ることは可能です。
    しかし自分で作れば費用がかからないと思っていませんか?

    もちろん自分で作れば制作会社に払う費用は不要です。しかし、自分で作る時間を本業に費やす時間と考えたら、その分収入が減るということになるのではないでしょうか?

    「餅は餅屋」ということわざがあるように、自分は本業に専念し、プロに任せるほうが結果としていいものがより早く出来上がるということを、わかりやすくお伝えしたいと思います。

    まず、自分で作るには「HTML」や「CSS」と言った必要な言語や知識を覚えることから始めなければならないので、かなりハードルの高い作業になります。

    ただ、今は制作するための便利なツールがたくさんあり、専用のソフトを使えば特別な知識を知らなくても“それなりのホームページ”が作れるようになっていますし、インターネット上でのサービスを申し込むだけでホームページが作れるものもありますので、ビギナーの方でも簡単に写真の挿入や文字の入力だけで制作できますから、とても便利ですよね。

    でも、先程から“それなりのホームページ”という言葉を強調していますが、何故だと思いますか?
    それは、あくまで簡易的であり、一応ホームページらしきものが完成したというレベルに過ぎないからなのです。 その理由を細かくご説明しましょう。

    自分で作るホームページのメリット・デメリット

    それではまずはメリットからお伝えしますね。

    メリット

    • 安価で制作できる

    ソフトの購入代やサービスの利用料は必要ですが、制作費は一切かかりませんので費用を安く抑えることができます。

    • 自分の好きなレイアウトにできる?

    スキルが伴っていればレイアウトでも色使いでも自分の好きに作る事ができます。修正ややり直しも思った時にすぐできるので、融通が利きます。

    デメリット

    • 作る手間がかかる

    最初から最後まで自分の手で作ることになりますから、時間もかかりますし手間もかかります。写真の加工やレイアウトまで全てにおいて時間をかけながら作るしかありません。またスキルがなければ覚えることが多すぎて時間のロスになります。

    • デザイン性が乏しい

    デザインの勉強をした人であればいいのですが、素人の場合色使いや配置、写真の加工などどうしてもデザイン性が乏しく、見た目があまり良くないページになってしまいます。

    • ページの流れやホームページ全体の設計が難しい

    載せたい情報が多い場合、ページ数が増えてしまいます。ページが増えると流れや構成、リンクの付け方などしっかり設計しなければ分かりずらいホームページになってしまいます。

    ホームページには必要最低限の情報のみ掲載し、デザイン性や分かりやすさは求めていないと言うのであれば、自分で作ってもいいのですがそのようなホームページの場合、1度見ただけですぐ飽きられてしまいます。実際、どこに必要な情報が掲載されているか分からないまま結果的に誰も見ないページになってしまう可能性が非常に高いのです。

    せっかくホームページをインターネットに公開し、誰でもいつでも見れる状態であるにもかかわらず、誰も見ない、誰も知らないのであればホームページを作っても何の意味もありません。

    ホームページはその会社やお店の顔なのですから、有効に使って売り上げを伸ばして、認知度を上げて多くの人に見てもらえるホームページにすることが大切ではないでしょうか?

    ホームページ制作会社に依頼してみよう!

    ホームページ制作会社に依頼する場合、ページの構成やデザイン、サーバの準備からサポートまで幅広く対応してくれます。ホームページについて全く何も知らなかったとしても、作ってもらうことは可能です。

    しかし、出来上がったホームページを見ると自分の思っていたイメージとは違うとか、必要な情報が記載されていないなどと言うトラブルも起こるかもしれません。このようなトラブルが起きないためにもホームページ制作会社に依頼する場合、前もって決めておいた方が良いポイントがありますので、お伝えしますね。

    ホームページ制作会社に依頼する4つのポイントとは

    1. ホームページに何を期待しているのか?を明確に伝える
    2. ホームページを公開したい時期(希望の納期)
    3. ホームページ制作に関わる担当者や会社の体制を決める
    4. ホームページ全体に対する予算の上限を決めておく

    以上のポイントをしっかり考えてからホームページの制作を依頼しましょう!

    これらの情報を伝えずに曖昧な状態で制作を依頼すると、自分の思っていたものとは違うホームページになっていたり、制作費が高くて驚いてしまうということになりかねません。

    ホームページに何を期待しているのか?を明確に伝える

    ホームページを作る目的や方向性は会社や店舗など依頼者によって違うものです。商品をたくさん売りたいのか、会社を知ってもらいたいのか、優秀な新入社員を採用したいのか、イベントを成功させたいのか、100社あれば100社の考えや想いがあって当然です。

    一番大切なのは「ホームページに何を期待するのか?」をしっかり伝えることです。

    ホームページを作る時は必ず制作会社との打ち合わせを行い、なぜホームページが必要なのか、どのようなページを期待しているのか、課題や改善する必要があるのか、きちっとすり合わせを行いましょう。

    ホームページに対する要望や課題が複数ある時は「優先順位」も大切です。全ての要望を叶えようとすると予算をオーバーしてしまう可能性もありますので、優先順位を付けることによって予算に応じた制作を依頼することができます。

    ホームページを公開したい時期(希望の納期)を決める

    ホームページ制作にはある程度の時間がかかります。ホームページを公開したい日程を予めしっかりと決めておきましょう。

    依頼から公開まで余裕がある日程であれば、一つ一つの作業を時間をかけ、打ち合わせの時間も取れますが、余裕がない日程であれば決めるべきことを即座に決めなければ、制作会社が時間に間に合わせることができなくなりますので、注意してください。

    ホームページ制作に関わる担当者や会社の体制を決める

    会社のホームページを作る際、自社の商品に対する紹介や会社の概要、代表者の言葉など多くのコンテンツ(要素)が必要になります。

    一人のIT担当者だけで全てを把握することが難しい場合、マーケティング担当者や営業担当者、総務などから担当者を選出しチームを作る事をお勧めします。

    また、最終的な意思決定をする人を決めておかないと、問題が起きた時の対応や作業の確認が滞ってしまいますので、社内でホームページ制作のプロジェクトチームのメンバーとリーダを決めておきましょう。

    ホームページ制作に対する予算の上限を決めておく

    ホームページ費用を事前に算定するのはとても難しく、制作会社によって算出方法も違えば単価も違います。

    一概に高ければいいものができると言う訳でもなく、希望通りのホームページが作れるか、デザイン性は高いか、アクセスが伸びる対策をしてもらえるかなどでも費用は違ってきます。また、コンテンツを後から増やしたりイメージ通りの画像を購入したりすれば、当初の予算から増えてしまう場合もあります。まずは社内で予算のマックスを確定しておきましょう。

    制作会社側からのアドバイスとしては、予算の上限を予め聞かせて頂けるととても作業がやりやすくなります。予算の範囲内でベストなものを制作することで、スタッフが一丸となって対応できますから。。

    まとめ

    依頼する側はホームページの作り方を詳しく知る必要はありません。

    大切なのはホームページ制作を依頼する前に「こんなページがほしい」「こんな内容を入れたい」「こんな画像や動画を入れたい」などしっかりと確定して依頼すれば、スムーズに打ち合わせができます。その一方、すべて丸投げ状態で何も決めていなかったら、後々思っていたものとは違うページが出来上がったりしてトラブルの原因になるでしょう。

    以上のことを注意して、制作会社を選んでください。