• なぜ皆WordPressを使うの?WordPressの魅力を簡単に解説!

    こんにちは、米田公です。
    自分のホームページを作りたい、新しいものに変更したい。そう思ったときに、どのような方法で作ればいいかを調べてみると、「ホームページはWordPressで」「WordPressがおすすめ」というような内容をよく見かけるのではないでしょうか。

    以前はホームページビルダーなどを使って作ることが多かったホームページですが、どうして今WordPressが注目されているのか、多くの人がWordPressを使っているのか。WordPressの魅力、使うことのメリットを簡単に解説します。

    初心者でもある程度簡単に扱える

    一昔前までは、自分でホームページ(ウェブサイト)を作ろうと思ったらHTMLやCSSというプログラムを勉強して……という流れが一般的でした。しかしCMS(自分でプログラムを組まなくてもサイトを作成できる便利なプログラム)が登場したことで、多くの人が気軽に簡単にウェブサイトを作成できるようになりました。
    現在世界中に公開されているホームページの約6割はCMSを作って作成されています。

    WordPressはCMSの巨人と呼ばれており、なんとCMSを利用して作られたウェブサイトの約25%がWordPressで作られたものです。WordPressはCMSのシェアナンバーワンを誇っています。
    当サイトもWordPressを使っていますし、皆さんが普段何気なく見ているサイトもWordPressを使って作られたものがたくさんあります。有名企業の公式サイトさえもWordPressで作られているものが少なくありません。

    自分のサイト、自社のサイトを作りたいけれどパソコンに詳しくないし、プログラムなんて分からない、という人でもWordPressを使うことで比較的簡単にある程度の形を整えることができます。もちろん「ここをこうしたい」「こう変えたい」という希望があったり、カスタマイズをしたい場合はHTMLやCSSのある程度の知識が必要ですが、多くを求めないのであれば知識がほとんどない人でも容易に自分のサイトを作ることができるのです。

    商用もOK!無料で使うことができる!

    多くの人がWordPressを使う理由のひとつとして挙げたいのが「無料で使うことができる」という点です。個人でも法人でも無料で利用することができ、物販をするオンラインショッピングサイトとしても使うことが可能です。

    WordPressは2種類ある

    WordPressは「WordPress.org」「WordPress.com」の2種類があります。
    「WordPress.org」はWordPressというソフトをダウンロードし、自分のサーバーにアップして使う方式、「WordPress.com」はアメブロなどのようなブログのレンタルサービスです。

    「WordPress.org」のほうがある程度のサーバーやプログラムの知識を必要とする変わりに(サーバーレンタル代などが必要になるため、完全に無料で使うことができません)かなり自由にカスタマイズして使うことができます。「WordPress.com」はサーバーの準備などが必要なく簡単に使い始めることができますが、「WordPress.org」に比べて利用できる機能が限定されます。ある程度HTMLやCSSの知識があり、やってみたいことがたくさんあるという場合や、会社や事務所のサイトを作りたいという場合は「WordPress.org」での利用がおすすめです。

    世界中に開発者がいる!

    WordPress自体がオープンリソース(誰でも自由に使うことができるものとしてソースが公開されている)です。そのため世界中で多くの人が、新しいテーマ(テンプレート)を作ったりプラグインを作って公開しています。中には有料のものもありますが、無料でもたくさんの優れたテーマ(テンプレート)やプラグインを利用することが可能です。

    テーマとはWordPressのデザインのことで、シンプルで分かりやすいものもあれば「これが無料で使えるの?!」と目を疑うようなオシャレなデザインもあります。テーマを眺めて「どれを使おうかな」と考えているだけで時間がどんどん過ぎてしまうくらい種類豊富で多様性に富んでいます。自分が選んだテーマと同じテーマを使っているサイトを見つけるのが難しいほど、多くの種類があるのです。

    またプラグインとはWordPressに追加で付けたい機能のこと。筆者もWordPressを使っていくつかのサイトを運営していますが複数のプラグインを使用しています。「ここがこうなっているといんだけれど」という、サイト運営者なら感じるほぼ全ての希望が、なんらかの形でプラグインとして公開されているのです。

    たとえば「アクセス数をチェックしたい」「右クリックでコピペされるのを禁止したい」「すべてのページの最後に定型文を入れたい」など、「こんなことをしたい」と思った内容は誰かがプラグインにしている可能性大。プラグインをインストールして有効にし、簡単な設定をすればすぐに使い始めることが可能です。

    困ったことはWebですぐ解決できる!

    WordPressにはカスタマーセンターがありませんが、そのかわり世界中のユーザーがお互いにサポートしあっています。日本にも多くのWordPressユーザーがいて、「ここをこうしたいんだけどできない」「ここをこうするにはどうしたらいい?」という疑問に対する答えやそれぞれの対処法を公開しています。

    困ったことがあれば、検索で「WordPress ●●がしたい(●●ができない)」などと検索すれば、解決方法が記されているサイトが多数ヒットします。困ったことや分からないことも、ほぼWeb上で調べて解決できてしまう。これはWordPressの強みです。

    デザイン性が高いサイトを作ることができる

    WordPressはもともとブログとしてスタートしたサービスで、無料で使うことができると最初に書きました。多くの人がアメブロやヤプログなどの無料ブログを思い浮かべたのではないでしょうか。

    WordPressの注目ポイントは、いままで国内で利用者が多かった一般的な無料ブログと比較するとデザイン性が高く段違いにおしゃれなサイトが作れるいうこと点です。WordPressのデザインはテーマと呼ばれており、企業向けのシンプルなテーマから写真を多用した見た目に楽しいテーマ、クールなテーマ、シンプルさを求めたテーマなど多岐に渡ります。

    例えば
    http://Pictorico – Your life in pictures at WordPress.com
    見た目だけでもうっとりしてしまう、写真を多用したテーマや
    Bulan – Free WordPress Theme
    個人サイトに使うこともできる、背景に大きな写真を固定したテーマ
    Baskerville – A WordPress Theme for Hoarders
    トップ画面にメニューや記事が表示されるため、利用者にとって見やすいテーマ
    WordPress Business Theme
    背景の写真がスライドショーになるテーマなど、好きなテーマを選択することができます。

    こちらで紹介したのは2017年3月時点で無料のテーマですが、有料のテーマの中にはさらにデザイン性に優れたものも数多く存在します。
    それでも無料でこれらの素晴らしいテーマを使うことができるという点は、ユーザーにとって「嬉しい!」の一言に尽きるのではないでしょうか。

    独自ドメインが使用できる!

    企業や事務所のサイトを作成したい場合、独自ドメインを利用したいという人も多いでしょう。ドメインとはインターネット上の住所であるURLのこと。
    当サイトのドメインは「https://conta.tokyo/」です。プロバイダなどのホームページ公開代理サービスに申し込みをすると、たとえばプロバイダのホームページ公開サービスを使っているユーザーなら「例:http://www.h3.プロバイダ名.ne.jp/~●●/△△/」などのように、プロバイダのドメインなどが入った長いURLになってしまいます。
    「WordPress.org」を使えば企業名や事務所名だけのシンプルなドメインの使用が可能です。

    ただしドメインの利用には別途ドメインを取得したり管理したりする維持費がかかりますのでご注意ください(取得するドメインの種類によって金額は変動します)

    ここに注意!WordPressはある程度のHTMLの知識があった方が良い

    ここまでWordPressの魅力をお伝えしてきましたが、注意したい点があります。

    それはWordPressは比較的誰でも簡単に使い始めることができる優れたCMSですが、サイトをカスタマイズさせようとしたときにある程度のHTMLの知識が必要になるということです。またサイトのデザインが崩れてしまった、カスタマイズしようとしたら全部表示されなくなってしまった、ということも時々起こります。このような場合にも自力で対処しなくてはなりません。このときにHTMLの知識がないと対処しきれずにお手上げになってしまった、ということにもなりかねないのです。

    筆者自身もそれほど詳しいわけではありませんが、過去にHTMLをベタ打ちして簡単なサイトを作成した経験があり、その程度の知識で分からないながらもなんとかWordPressを使っています。まったくHTMLの知識がないという人は初心者向けに書かれた簡単なHTMLに関する書籍などを読んでから手をつけたほうが安心して使うことができるかもしれません。

    注意点についてもお伝えしましたが、WordPressを利用している企業・個人の数の多さが示す通り、WordPressはとても使いやすく、また使い勝手の良いサービスです。最初は「難しい」と感じるかもしれませんが、使っていくうちに「こういうことか!」と納得できる部分も多いため、まずは固く考えず、完全に無料で使うことができるWordPress.comに登録をしてみてはいかがでしょうか。もちろん「しっかりしたサイトを作りたい」「ある程度は自分でもHTMLが書ける」という人なら最初からWordPress.orgに挑戦してみても良いでしょう。
    WordPressを使って、あなただけのすてきなサイトを作り始めましょう!